バストイレは一緒か別か

ワンルームの賃貸物件を探すとき、バストイレが別になっているか一緒かは大きな問題になるようです。多くの人は別の方がいいとし、一部の人は一緒でも我慢できるとしています。バストイレ別のメリットは互いの影響を受けない点でしょう。お風呂の湯気やしぶきがトイレに影響したりしません。トイレの臭いがバスの方に漂ったりしません。バストイレ別のデメリットとして、一緒になっている物件よりもスペースを取ります。その分居室が狭くなったり賃料がアップしたりします。バストイレ一緒でも我慢できる人は、できるだけ居室を広く使いたい、賃料を安くしたい人になるでしょう。バストイレ一緒でもいろいろなタイプがあり、一緒に掃除ができるタイプだと結構便利に感じるときもあります。

湯船に浸かる派はバストイレ別がいい

一日生活をするとそれなりに体が汚れます。その汚れを落とせるのがお風呂です。日本人は湯船に浸かる人が多いとされ、一般的にはバスには浴槽があります。賃貸物件を利用するときもほぼ浴槽が付いていますが、バストイレ別とバストイレ一緒では使い勝手が少し異なります。バストイレ別なら湯船に浸かり、湯船の外で体を洗ったりできます。一方バストイレ一緒のタイプで湯船に浸かると、トイレのある部分で体を洗う必要があります。それを好まない人は浴槽にお湯をためず、シャワーのみで済ませる使い方が多いようです。湯船に浸からないと気が済まない人ならバストイレは別の方が使いやすそうです。シャワーだけでも気にならないならバストイレ一緒でもいいでしょう。

札幌中央区の賃貸は人気エリアです。自然豊かな環境で、札幌の文教地区として有名な地区もあります。学校区を指定してから部屋探しをする人も多いです。