長く快適に暮らし続けるために

集合住宅である分譲マンションのデメリットとして伝えられる、隣接する居住者とのトラブルや、指定された金額の管理組合費の負担などの回避を理由に、戸建て住宅購入を検討されるご家族は少なくありません。土地を含めた文字通りの独立したマイホーム空間は、より快適な家族生活を約束してくれる期待感に満ちていますが、一方で重要なポイントを見過ごしたまま購入してしまう事例もまた、残念ながらゼロとは言えません。内覧時に販売業者から聞き出せる情報には、自ずと限りがあります。販売が目的の営業活動である以上、将来に向けて想定される不安点やデメリットを、営業担当者が積極的に言葉にすることはありません。購入者となる自身の目で確かめ、冷静かつシビアに見極めるべきポイントとして、住み続けた場合に想定されるリスクがあげられます。

鍵は「権利」と「変化」

宅地開発が進む地域の戸建て住宅の場合、内覧の時点では隣接する周囲がランダムに更地の分譲地で、近未来に関してはあくまで「完成想像図」による販売となるケースが見られます。ここでの要注意点はズバリ「日照権」を始めとする権利関連です。仮に数年後、周囲の建物の影響で太陽光が届かなくなれば、家族の生活環境の劣化が避けられません。反対にマイホームが悪意なく、隣家の日照権を侵害してしまい、そこから隣人トラブルにつながってしまっては一大事です。太陽光の射し込む角度は、夏季と冬季では驚くほどに差が見られ、内覧当日の現状だけで判断するのは危険です。戸建住宅購入に際しては、ご近所との円滑な人間関係を維持しつつ、長く快適に暮らし続けるためにも、近未来のシミュレーション作業が欠かせません。

国分寺の戸建てについて詳しく知りたいなら、注文住宅を請け負っている業者を探しましょう。こだわりの間取りやインテリアを実現できます。